コナンの本堂瑛祐が蘭に告白したいと言ったのは何話なのか?のまとめ

エピソード

今回は、サラッといきますねー!

テーマはズバリ、
「コナンの本堂瑛祐が蘭に告白したいと言ったのは何話なのか?」
についてのまとめです!

スポンサーリンク

原作は59-60巻、アニメは507-508話

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

これが本堂瑛祐が蘭に告白しようとした話で、
事件名は「カラオケボックスの死角」。

いつも通り、事件に巻き込まれて解決。

その後、コナンと瑛祐が
2人で歩いていたときに・・

もう初めて会った時から一目惚れだよ!
あんなにかわいくて優しい人、見たことなかったから…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

みたいな感じで、
瑛祐が蘭に告白したいとコナンに暴露します!

スポンサーリンク

コナンの胸キュン台詞が生まれる

だが、しかーし!

ここで黙っていないのがコナンっつーか、
はい、みんな大好き新ちゃんですね(笑)

まさかの瑛祐が
マジで蘭に惚れている&告白寸前と知ったコナンは・・

だからダメだっつってんだよ!!

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

みたいな感じで、
俗に言う「新一モード」で瑛祐をバッサリ!

やばい、惚れる。

いや、マジでイケメンすぎて
男だけど惚れてまうやろーーーー!!!!っつって(笑)

実際、これはコナン史上、
5本指に入る胸キュン台詞だな、うん。

で、本堂瑛祐に正体がバレるという、、笑

てか、コナンというか新ちゃんってさ、
蘭ちゃんのことになると
本っっっ当に周りが見えなくなるよねー。

やっぱ、それだけ蘭ちゃんが好きなのか。

いいなー、青春だなー。
「アオハル」ってやつだなー。

いやね、僕にだって
そういうピュアな時期があったはずなのに
どこに落としてきたのかしらーって。

だから、まじでコナン並みに
あっれれー、おっかしいぞー、だからね(笑)

ま、それは冗談として、、。

とにもかくにも本堂瑛祐のおかげ?で
コナンの胸キュン台詞が
この告白の流れで1つ増えました!

スポンサーリンク

おまけ

で、ここからは完全におまけで、
もし、瑛祐が蘭に告白したらーを考えてみると・・

うん!たぶん、撃沈すると思う!笑

だって、蘭ちゃんってば、
前前前世から新ちゃんを待ってるの?ってくらい
ずーっと待ってるからねー。

なんて天使のような人なのかしら!

だから、コナンは新一に早く戻ってほしいけど、
コナンが終わるのは、
それはそれで読者としてはイヤだな、、笑

ただ、それまでは精いっぱい楽しみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

てなわけで、
最後にまとめると・・

  • 本堂瑛祐が蘭に告白したいと言った話は「カラオケボックス死角」
  • 原作は59-60巻、アニメは507-508話
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

って感じですね。

にしても、コナンの「新ちゃんモード」は、
イケメンすぎてやばい、、笑

実際、これでコナンファンが
どどーん!って増えた気がするのは、
きっと僕だけではないはず。

そして、今後も名台詞が生まれるとなると、
ますますコナンが楽しみですね。

というわけで今回は以上。
真実はいつも1つ!

エピソード
スポンサーリンク
真実はいつも1つ