コナンが服部平次に正体がばれるのは何巻か?を改めて調査してみた件

エピソード

今でこそ、コナンの正体が
工藤新一だと知っている平次ですが、、。

実際、コナンの正体がばれたのは、いつなのか?
そもそも、なぜばれてしまったのか?
そのキッカケになった事件は、何巻なのか?

みたいな事が気になったので
改めて簡単にまとめてみました!

スポンサーリンク

平次に正体がバレるのは、12-13巻

結論から言うと、単行本の12-13巻

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

この巻がコナンの正体が
平次にばれたエピソードが収録されています。

いやー、意外と早いな。

てか、コナンの序盤の進み方は、
今とは比べものにならないほど早すぎる。

まじで、ジェット機並みに進みますからねー笑

ま、それはいいとして、
ちなみに、アニメだと57-58話。

ただ、どっちも事件ファイルの名前は、
「ホームズフリーク殺人事件」という事件です。

スポンサーリンク

正体がばれるまでの簡単なあらすじ

それはある日、、。

コナンと蘭、小五郎の3人は、
ホームズファンが集まるツアーに出かける

すると、そこには新一目当てで参加した平次の姿が。

その後、ホームズクイズを解くコナンたちだが、
ひょんなことから殺人事件が発生、、。

コナンは、いつものように小五郎にヒントを出して、
事件を解決に導こうとするが、
その姿を平次に怪しまれてしまう。

いやー、ドキドキの展開。

この頃は、まだコナンの正体がばれてないので、
2人の駆け引きがめちゃくちゃ新鮮です。

なので、平次の前で推理するのはキケンすぎる。

最終的にそう考えたコナンは、
麻酔銃で「平次」を眠らせて事件を解決することに、、。

その後、真犯人を突き止めて一件落着。めでたしめでたし。

、、と、コナンが思ったのも束の間、
平次がまさかの一言を投げかけます。

おまえ工藤やろ?

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

実は、平次は途中から起きていて
変声機を使って推理するコナンに気づいていた、、。

更に、推理の流れや組み立て方が
「工藤新一」とソックリだと気づいて
「コナン=新一」だと確信します。

結果、コナンは平次に全てを話すことになって正体がばれる、という巻が12ー13巻です。

スポンサーリンク

おまけの感想

にしても、平次を眠らせるとか勇気あるな。僕なら100%しない、、笑

てか、新ちゃんさ、
せめて平次がいるときくらい我慢しなよーってね。

さすが、蘭に「推理オタク」と呼ばれるだけある(笑)

でも、おかげでコナン&平次のコンビが生まれたので、
1人の読者としては最高っ!って感じですね。

スポンサーリンク

まとめ

てなわけで
最後にまとめると・・

  • 平次に正体がばれるのは、単行本12-13巻
  • アニメ版だと、57-58話
  • 事件ファイルは「ホームズフリーク殺人事件」

って感じです。

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

今でこそ、コナン&平次のコンビは普通ですが、
こうしてみるとやっぱコナンって長編だな。

実際、12巻が発売されたのは1996年なので
僕なんか、リアル子どもの頃だし、
コナンと一緒に育ってきた感じですからねー笑

原作も、着実に最終ステージに近づいているので、
ますます今後が楽しみです!

というわけで今回は以上。
真実はいつも1つ!

エピソード
スポンサーリンク
真実はいつも1つ