コナンの比護隆佑の登場巻(単行本)を実際に調べてまとめてみた

この記事は15分で読めます

今回はサクッといきますね!

ズバリ、テーマは「コナンの比護隆佑のメイン登場巻」についてのまとめです。

比護隆佑のメイン登場巻

結論から言うと、特に比護さんがメインで登場するのは・・

  • 34巻:迷宮のフリーガン
  • 87-88巻:容疑者は熱愛カップル
  • 94巻:心のこもったストラップ

の「3巻」です!(ただし、1コマだけなど、ちょくちょく登場する巻については後述します。)

というわけで、更に詳しくみていきましょー!

34巻:迷宮のフリーガン

コナンに比護さんが初登場したのは「34巻」。

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

最近、チームを移籍したJリーガーとして、コナンたちが観に行ったサッカーの試合に出場していました。

ただ、サポーターからはブーイングの嵐。

会場は、比護さんが前にいたチームを裏切ったという雰囲気で、完全にアウェー状態。

ああっと、
ゴールポスト直撃!!!
比護、天からも
見放されたかーー!?

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

ぬぬっ、頑張れー!比護さーん!負けるなー!

って、思わず応援したくなっちゃうし、黒ずくめの組織を裏切った哀ちゃんは、余計に気持ちを重ねちゃってね。

つまりは、似た者同士。

だけど、最終的には、比護さんはVゴールを決めて、ブーイングは叱咤激励だったと判明。

なにそれ。泣ける。サポーターいい人。

そして、比護さんがコナン並みにイケメンすぎて惚れる。結婚してくれ。

同時に、哀ちゃんは比護さんの大ファンになって応援するようになった。めでたしめでたし。

って感じで、34巻は比護さんの初登場にして、哀ちゃんの重要なエピソード。

個人的には、ついつい推したくなっちゃう1巻ですね!

87-88巻:容疑者は熱愛カップル

その後、時は流れて、比護さんがメインで登場するのが「87-88巻」。

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

ちなみに、コナンの原作で事件に関わるのは初めての巻です。

つまりは、メモリアル巻。笑

ただ、事件は安定のクオリティだし、比護さんが事件の容疑者になっちゃう展開は見応えがあるったらなんの。

最終的には、コナンと哀ちゃんの活躍のおかげで事件解決。

特に、哀ちゃんは比護さんに褒められて頭ぽんぽん。

ぶはっ、鼻血出る。

これが俗に言う「(本物の)頭ぽんぽん」ってやつか。惚れる。結婚してくれ。

てか、哀ちゃんの胸キュンしてる表情がレアすぎる。

しかも、その後、やる気満々でサッカーに行っちゃうとか。やっぱ18歳の女の子だなーって。笑

というわけで、個人的には一番比護さんが登場する「87-88巻」は、特によかったですね!

94巻:心のこもったストラップ

んで、他には「94巻」に比護さんが関わるエピソードが収録されています。

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

ある日、サッカー観戦に来ていたコナンたちは、たまたま比護さんに会って、哀ちゃんのストラップを触ります。

、、が!

博士の家に帰ると、そのストラップがなくなっていることに気づき、哀ちゃん撃沈。

な、な、何も言えねぇ。北島康介並みに何も言えねぇ。笑

てか、比護さんイケメンすぎでしょ。

ニット帽にサングラスして、おまけにさらっとジャケット羽織るとか完璧かよ。

それに、おしゃれに整った髭!

あちゃー、これは比護さんのファンが増えるな。破壊力が半端ないったらなんの。

ただ、コナンの話的には、哀ちゃんがどこかに落としてしまったストラップを探して奔走する。

っていう話なので、メインになった87-88巻と比べると、比護さんの登場は控えめです。

おまけの登場

ちなみに、比護さんは・・

  • 66巻:恥ずかしいお守りの行方
  • 67巻:危機呼ぶ赤い前兆
  • 75巻:小五郎さんはいい人
  • 80巻:甘く冷たい宅配便
  • 84巻:堤無津川凧揚げ事件

といった巻にも登場しますが、1シーンや1コマだけといった場合が多いです。

なので、こっちはおまけ程度の登場。

実際、コナンみたいに直接事件に関わることはないし、本当にチラッと出てくる程度なので期待は禁物かなーって。

ただ、イケメンです。笑

まとめ

てなわけで、最後にもう一度まとめると・・

  • 34巻:迷宮のフリーガン
  • 87-88巻:容疑者は熱愛カップル
  • 94巻:心のこもったストラップ

これが比護さんの登場巻で、特によく出てくる巻です。

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

特に、87-88巻はメインの事件なので、そだけ登場シーンがめちゃくちゃ多いですね。

あと、個人的に推したくなっちゃうのは、やっぱコナンに初登場した34巻。

ついつい応援したくなっちゃうし、完全アウェーで勝負する比護さんがかっこよすぎるったらなんの。

リアルに惚れてまうやろーーー!!!ですからね。笑

というわけで今回は以上です。真実はいつも1つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。