コナンのカルバドスが登場するのは何巻か?が10秒で分かるまとめ

この記事は5分で読めます

今回もサクッといきますねー!

テーマは、
「コナンのカルバドスが登場する単行本は何巻なのか?」
についてのまとめです。

カルバドスが登場するのは「42巻」

結論から言うと、カルバドスが出てくる単行本は「42巻」です!

(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

ちなみに、めちゃくちゃおもしろい!

実際、42巻はベルモット編が完結しますが、
もうね、ハラハラドキドキが止まらないったらなんの、、笑

ま、とにもかくにも
コナンの中でカルバドスが登場するのは「42巻だけ」です。

シェリー暗殺を狙うベルモットに加担

実際、コナンでは、
カルバドスはベルモットに加担して
シェリー(=灰原)の暗殺に動きます。

ただ、それは単に裏切り者の始末だけじゃなくて、、。

実は、カルバドスは、
一人の男としてベルモットに惚れていて、
だからこそ、力を貸すことを決意。

いやー、分かるなー。
だってベルモットって超ーーー美人だもん。

実際、僕だったら
ハニートラップに引っかかる自信しかない(笑)

だけど、最終的には、
駆けつけたFBIの赤井秀一に足を折られて
カルバドスは動けなくなる、、。

ただ、怪我をしたベルモットは、
カルバドスを見捨てることと引き換えに逃亡。

すると、情報が漏れるのを恐れて
カルバドスは自決する道を選ぶしかなくなった、、。

うわー、なんか切なすぎる。

でも、さすがの覚悟というか、
黒ずくめの組織から
「コードネーム」が貰えるほどの実力者だなー。

なので、僕はコナンでは結構好きですよ、カルバドス!

キャンティとコルンとの関係

ちなみに、キャンティとコルンは、
カルバドスと仲良しだったみたいで、、。

なので、置き去りにしたベルモットを嫌っている。

いやー、正直ちょっと意外だったなー。

なんか黒ずくめの組織って
他のメンバーが死んでもしょーがないっていうか。

死んだのは、アイツに実力がなかっただけだ、みたいな。

実際、めちゃくちゃ冷静に
次の任務に出かけるぞ的なイメージだったから
まさかキャンティとコルンが怒るとは、、。

たぶん、カルバドスっていい奴だったんだろうなー笑

コナンでは「42巻」しか出番はないですけど、
実は、魅力が詰まったキャラなのかもですね!

まとめ

てなわけで
最後にまとめると・・

  • カルバドスは登場するのは「42巻」
  • シェリー暗殺を狙うベルモットに加担した
  • だが、最終的には自決
(少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

みたいな感じで
実際にコナンで登場したのは1回だけです!

いやー、レアキャラ。

たまには、メインキャラだけじゃなくて
こういう脇役キャラに注目して
コナンを楽しむのもいいもんですねー笑

というわけで今回は以上です。
真実はいつも1つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。