コナンの黒田管理官の「ぬかるなよ…バーボン」の真意を考察してみた

この記事は2分で読めます

ぬかるなよ…バーボン

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

いやー、この台詞を初めて聞いたときは、
えっ!?ど、どういう事!?って思いましたね。

黒田管理官ってコナン側じゃないの!?

てか、なんで安室さんのことを
黒ずくめの「バーボン」って知ってるの!?みたいな。

うーん、気になる(笑)

というわけで今回は、
「黒田管理官の"ぬかるなよ…バーボン"」の真意を考察して
簡単にまとめてみました!

映画:後は任せたぞ

ぬかるなよ…バーボン

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

まずは、コナンの映画で黒田管理官が言った
「ぬかるなよ…バーボン」の台詞は・・

"後は任せたぞ"

っていう真意で
黒田管理官なりのエールかなーって思います!

管理官としてできることは、全てやった。

だから、後は現場にいるお前に委ねて、
「成功」の報告を信じて待っているからな、、。

みたいな感じで、
応援の意味も込めて言ったんじゃないかなーって。

うん、なんか可愛いな、おい(笑)

大事に想ってる息子への気持ちが恥ずかしくて、
うまく表現できないお父さんかよ。

ま、それはいいとして
とにかくコナンの映画での「ぬかるなよ」は・・

"頑張れ"

っていう応援の気持ちを込めて、
黒田管理官が言った台詞だと思います。

原作:慎重に事を運べよ

ちなみに、コナンの原作では、
「ぬかるなよ」と似たような台詞で・・

報告を怠るなよ…バーボン…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

みたいな台詞を
黒田管理官が言ってたりします。

で、これは個人的には、
「慎重に事を運べよ…バーボン」が真意だと思ってます!

実際、この台詞の前には・・

大事の前だ…
余計な火を消しておくことに越した事はないからな…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

みたいな感じで
黒田管理官とバーボンが話している、、。

つまりは、黒ずくめの組織との最終決着が近づいている!

となると、1つのミスで
全てが崩壊するレベルの話になるので・・

"ぬかるなよ=慎重に動け"

という真意を込めて
この台詞を言ったんじゃないかなーって。

にしても、黒田管理官が怪しすぎる(笑)

まあ、個人的には、
「黒田管理官の正体=公安警察のトップ」で、
コナン達の協力者だとは思います。

だが、しかーし!!

実は、ナンバー2のRUMでした!!って言われても、
それはそれでアリなんだよなー。

うーむ、さすが青山先生。全然分からん、、笑

まあ、とにかく原作の「ぬかるなよ」は、
「慎重に事を運べよ」だと僕は思ってます。

「ぬかるなよ」に共通するキャラ

これは、おまけですが
実は、黒田管理官以外に「ぬかるなよ」を使っているのがメアリー世良。

つまりは、世良ちゃんのママ。

ぬかるなよ、真澄…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

だけど、実はメアリーは、
夫の真似をして口調を変えている、、。

となると、本当の意味で繋がっているのは、
「黒田管理官」と「赤井務武(=メアリーの夫・世良ちゃんの父親)」

ちなみに、赤井務武は約10年前に失踪。

逆に、黒田管理官は、
事故のショックで10年の記憶がない。

さらに「ぬかるなよ」の台詞が繋がっている、、。

なので、僕は個人的には、
「黒田管理官=赤井務武」は「同一人物」!

みたいな感じで
やっぱ、コナン側のキャラなんじゃないかなーって思ってますね。

いやー、ますます今後の展開が気になります(笑)

まとめ

てなわけで
最後にまとめると・・

  • 映画=後は任せたぞ
  • 原作=慎重に動けよ
  • 黒田管理官と赤井務武は、同一人物(かもしれない)

って感じですね。

てか、やっぱ黒田管理官って
コナン史上、ザ・強面すぎるキャラNo.1というか。

でも、実は「スイーツが好き」なんて設定だったら
好感度一気に上がる気がする(笑)

実は、仕事帰りにコンビニで
美味しいスイーツを買うのが日課でな、、みたいな。

青山先生、スピンオフで描いてくれないかなー笑

というわけで今回は以上です。
真実はいつも1つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。