コナンに登場する烏丸蓮耶(ボス)の正体が1分で分かる簡単まとめ

この記事は2分で読めます

黒ずくめの組織のナンバー1、烏丸蓮耶。

コナンに登場するキャラでは、
特にナゾが多い人ですが、
今の段階で正体に繋がるヒントも出てます。

なので、今回は考察も含めて
「烏丸蓮耶の正体」についてまとめてみました!

正体は、ナゾの死を遂げた大富豪

実は、コナンの中では烏丸蓮耶=亡くなっている、となっています!

ただ、亡くなる前は、
超ーーー大金持ちの大富豪だったみたいで
半端ない資産があったとか、、。

うん、アラブの石油王かよ(笑)

ま、それは冗談として
マジメな話、実際には・・

  • 表は大富豪
  • 裏は秘密結社のナンバー1

みたいな感じで
烏丸蓮耶は、表と裏の2つの世界で活動していた!

表は、烏丸グループ的なやつで
裏は、コナンが追っている「黒ずくめの組織」ってやつですね。

ちなみに「黒の組織」っていうのは、
変換すると「黒→CROWの組織」になるので、
最終的には「CROW=烏」の組織。

って感じで繋がるので、
個人的には、おおー!ってなってます(笑)

なので、とにもかくにも、
コナンの最大の敵=烏丸蓮耶の正体は、、

"2つの世界を股にかけた大富豪"

みたいな感じで
「正真正銘のラスボス」が似合う人ですね!

てなわけで、お次ー。

40年前、とある事件で大量殺人を決行

実は、烏丸蓮耶は、
40年前にめちゃくちゃな人を闇に葬った、、。

という事件があるんですけど、
これも烏丸の正体に繋がるヒントかなーって思います!

当時、烏丸蓮耶は「探しモノ」をしていました。

ただ、それは自分のチカラだけでは、
全然見つけることができなかったので、
烏丸は、頭のキレる人たちに依頼します。

、、が。

結局は、お目当ての「探しモノ」は見つからず、
業を煮やした烏丸蓮耶は、
集めた人たちを闇に葬ってしまった、、。

いやー、ヤバい人ですね。

お金に、権力に、めちゃくちゃなので、
僕なら友達にはなりたくない。

で、話を戻すと、
その後、40年間の時を経て、
コナン達が「探しモノ」らしきものを見つけて解決。

、、したんですが。

完全に個人的な意見ですけど、
僕はこれはフェイクだと思ってます。

つまりは、実は烏丸蓮耶は「探しモノ」を見つけていた!

具体的には、不老不死に繋がるような
「幼児化・若返る」系のモノ。

ただ、それは世に出てはいけないモノであったため、
真実を知った者を闇に葬った後、
念の為、烏丸は「偽物」を残すことに、、。

結果、大量殺人という事実だけが残った。

みたいな感じで考えれば、
烏丸の正体=お金に、権力に、さらに頭もキレる超ーーーヤバい大富豪!

いやー、コナン勝てるかな(笑)

ただ、これはリアルに総力戦というか、
全キャラ総出演の展開で
クライマックスを迎える気もしますね!

てなわけで、お次ー。

ベルモットと深い関係にある

どうやら私はお前を自由にさせ過ぎたようだ。
私の元へ帰ってきておくれ、ベルモット。

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

実際、こんな感じで、
原作のコナンにも出てますが、
烏丸蓮耶は、ベルモットと深い関係がある、、。

ちなみに、烏丸は生きていれば140歳くらいで、
ベルモットは40代くらい?ですかねー。

となると、「ひ孫」と「ひいお爺ちゃん」かな??(笑)

ただ、ベルモットは年を取っていないので、
やっぱ、これが烏丸と繋がるモノだと思います!

それに、ベルモットが言うには、、

ええ…ボスは慎重居士…
石橋を叩き過ぎて壊しちゃうタイプだから…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

っていう部分からも、
昔からよく知ってる関係(ひ孫とひいお爺ちゃん?)かなーって思います。

にしても、叩きすぎて割っちゃうとか。

コナンのラスボス可愛いな、おい。
正体がバレたとき大丈夫かな、ひいお爺ちゃん・・笑

ま、とりあえず、
烏丸蓮耶の正体に繋がるキーポイントは、
やっぱ、ベルモットとの関係ですね!

まとめ

てなわけで
最後にまとめると・・

  • 正体は、ナゾの死を遂げた大富豪
  • 40年前、とある事件で大量殺人を決行
  • ベルモットと深い関係にある

今の段階で分かっていることは、
だいたい、これで全部ですかねー。

いやー、本っっっ当にナゾすぎる!

青山先生お得意のミスリードとか、
まだまだいろんな伏線があるような気もするし、、。

ぬー!コナンの底が知れない!笑

ただ、それだけおもしろさは満載なので
これからも応援しながら楽しみたいと思います。

というわけで今回は以上。
真実はいつも1つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。