コナン(新一)が告白したのはニューヨークではなくて実際はロンドン!!

この記事は2分で読めます

今回は、サクッといきますねー!

テーマは「コナン(新一)が蘭に告白したのはニューヨークではなくて、実際はロンドン」についてです。

ニューヨークでの告白はナシ

結論から言うと、コナン(新一)はニューヨークでは告白はしていません

実際、蘭ちゃんに告白したのは「ロンドン」です。

いやー、だけど気持ちは分かるっていうか。ニューヨークとロンドンって、なんとなーく似てますからね。

僕だって、たまに間違えちゃうし。笑

ただ、コナン(新一)が告白したのは「ロンドン」で、「ニューヨーク」では蘭ちゃんのエピソードが収録されています。

蘭はニューヨークで新一に惚れる

ニューヨークでは告白はないんですけど、その代わりに「蘭ちゃんが新一に惚れるエピソード」になってます!

ザックリ話すと、コナンではお馴染みの展開。

つまりは、ニューヨークに来ていた新一と蘭は、とある事件に巻き込まれてしまう。

しかし、蘭のおかげでターゲットを助けることに成功。

事前に殺人が起きることを防ぎますが、それがキッカケになって、最終的には別の殺人が起きちゃうんですよね。

自分が助けたことで、別の人が殺されるハメになった。

その後、事件はコナン(新一)が解決するんですけど、蘭ちゃんは「自分のせいだ…」とずっと落ち込んでしまいます。

な、なんて優しい子なんだ。

だが、その後、ひょんなことから2人は「通り魔」に遭遇してしまい、口封じのために命を狙われます。

、、が!

その時、通り魔がもたれかかった手すりが折れてしまい、そのまま下に落ちそうになる自業自得の殺人鬼。

にも関わらず、蘭ちゃんは助けちゃうんですよ。

いやー、本っっっ当に優しすぎる!

てか、今まで命を狙われてたのに、逆に命を助けようなんて普通はできないってば。

実際、助けられた通り魔も「なぜ助けた?」と聞いてくるんですけど、そこで新一は当たり前のように・・

わけなんているのかよ?
人が人を殺す動機なんて、
知ったこっちゃねーが…

人が人を助ける理由に…
論理的な思考は

存在しねーだろ?

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

ぶはっ。鼻血出る。

なんてかっこいいんだ。惚れてまうやろーーーー!!!!

みたいな感じで、実際にヒロインの蘭ちゃんは新一に惚れたっていうのがニューヨーク編のエピソードです。

なんか青春だな。アオハルっぽいな。

なので、ニューヨークでは告白はないんですけど、それに負けず劣らずの神回ですね。

おまけ

ちなみに、ニューヨークで会った通り魔の正体は、FBIに追われていたベルモット。

いやー、僕も初めて知ったときはビックリだったなー。笑

えええぇぇぇーーー!!!!ニューヨークの通り魔ってベルモットだったの!?!?

ま、ま、まじっすか!!!!!

みたいな感じで、めちゃくちゃ衝撃的だったのを覚えてます。

そして、これがキッカケになって、ベルモットは蘭を「宝物」と呼んじゃうくらい大事にするようになりました。

なので、告白はロンドンまでお預けですが、やっぱニューヨーク編は何かと重要なエピソードだったりします。

まとめ

てなわけで
最後にまとめると・・

  • コナン(新一)は、ニューヨークでは告白はしていない
  • 実際に告白したのは、ロンドン
  • ニューヨーク編では、後の告白に繋がるエピソードが収録

って感じですね。

てか、やっぱニューヨークとロンドンは、何かとごっちゃになる人が多いというか。

実際、コナンのストーリーって複雑だし、僕だって普通に間違えることはあるし。

ただ、個人的には、ニューヨークで告白するってパターンも見たかったですねー。

青山先生、スピンオフで作ってくれないかな。笑

というわけで今回は以上です。
真実はいつも1つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。