コナンに登場する世良真純の「魔法使い」に隠された真の理由を考察してみた

この記事は2分で読めます

ボクが君を魔法使いと呼んでいる…
本当の理由はね…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

意味深すぎる。

実際、この世良ちゃんの台詞は、
あちこちで考察されています。

で、個人的には、
僕はこの「魔法使い」の台詞には「表」と「裏」の2つの意味があるって思ってます。

なので、今回はそれをまとめてみました!

全然笑わない、兄の赤井秀一を笑わせたから

まずは、「表」の理由から。

これは、いろいろな場所で言われてますけど、
なかなか笑わない兄の赤井秀一を幼少期のコナン(新一)が笑顔にしたから!

っていう背景があって、
世良ちゃん的には衝撃だったというか。

自分は何をやっても
兄の赤井秀一を笑顔にできなかった。

でも、コナン(新一)は、
いとも簡単に兄を笑顔にできたので
それを賞賛しての「魔法使い」。

にしても、魔法使いだね!って
おしゃれな表現だなー笑

まあ、それはいいとして、
とにかくこれが「表」の理由だと、個人的にはそう思ってます。

ただ、これはコナンの読者であれば、
簡単に推理できるものなので、
まだまだ伏線があると考えるべきで、、。

母親のメアリーを戻す「希望」だから

それが、もう1つの「裏」の理由というか。

実際、そこに繋がってくるんですけど、
個人的には裏の理由は、幼児化した母親メアリーを元に戻せる「希望」だから!

っていうのが
世良ちゃんの「魔法使い」の意味だと僕は思ってます。

どうやらあるみたいなんだ…
ママの薬を元に戻す薬が…

出典:青山剛昌『名探偵コナン』

そもそも、世良ちゃんの言う「魔法使い」。

これは、自分ができない事を
いとも簡単にできる人を賞賛した台詞。

実際、そう考えると、
「全然笑わない兄を笑顔にしたコナン(新一)」。

そして、幼児化したコナンが
一時的に工藤新一に戻れることから
「同じく幼児化した母親を元に戻せる希望がある」。

だから、世良ちゃん自身にはできない事ができる人。

俗に言う、コナン(新一)のことは、
世良ちゃん的には「魔法使い」。

完全に考察のレベルですけど、
でも、そういう意味で世良ちゃんは「魔法使い」って呼んでるのかなって。

てか、やっぱ何度聞いてもおしゃれだな。

賞賛する人=魔法使いって、
探偵ってやつは表現のアーティストかよ(笑)

まあ、それはいいとして、もしもこれが真実なら世良ちゃんは「黒の組織」と深い関係にあるキャラ。

ってことになるので、
ますますコナンに深みが出ますね!

もしかすると、ベルモットと同じで
別の角度から「組織の壊滅」を目論んでいるとか?

ベルモットの言う、シルバーブレッド。
世良ちゃんの言う、魔法使い。

てか、こうしてみると
なんかコナンがファンタジー系に見えるっていう(笑)

まとめ

てなわけで、最後にまとめると、
世良ちゃんがコナンを魔法使いと呼ぶのは・・

  • 全然笑わない、兄の赤井秀一を笑顔にしたから
  • 幼児化した母親を戻す「希望」だから

他にも、いろんな考察はありますが
個人的には、こんな感じで思ってます。

というわけで今回は以上。
真実はいつも1つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。